ページの先頭です

診療科・部署のご案内

ここから本文です

リハビリテーション科

リハビリテーション科基本方針

  1. 湖東圏域の総合的医療センターの一角を担う診療科として、高度で安全性・信頼性の高い良質なリハビリテーションを提供する。
  2. 患者や家族のニーズに基づき、心身機能・能力・QOL等の改善を促し、家庭・社会への早期復帰に寄与する。
  3. 院内外の関連職種・地域・教育機関と連携し、協力する。

概要

  1. リハビリテーションとは

    リハビリテーションとは病気やけがなどによって障害を持った人に対し、その障害を出来る限り回復させ、残された能力を最大限に引き出すことで、1人1人の人生に合った生活能力を獲得し、可能な限り豊かな人生を送れるよう支援するものです。(単なる機能回復ではなく、「人間らしく生きる権利の回復」や「自分らしく生きること」が重要で、そのために行われるすべての活動がリハビリテーションと言えます。)

  2. 主な対象疾患
    • 呼吸器疾患:肺気腫、慢性気管支炎、肺炎など 心大血管疾患:急性心筋梗塞、狭心症、慢性心不全、急性大動脈解離、弁膜症、閉塞性動脈硬化症など
    • 整形外科疾患:変形性股関節症・膝関節症、頚髄症、肩関節周囲炎、大腿骨骨折、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折、靭帯損傷、半月板損傷、橈骨遠位端骨折、手指腱損傷、腱板断裂など
    • 脳血管疾患:脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、頭部外傷など
    • がん:消火器がん、肺がん、前立腺がん、頭頸部がん、乳がん・婦人科がん、骨軟部腫瘍・骨転移、原発性・転移性脳腫瘍、血液腫瘍(造血幹細胞移植)など
    • 神経筋疾患:パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋委縮性側索硬化症、ギラン・バレー症候群、筋ジストロフィーなど
    • 小児:筋ジストロフィー、頭部外傷、整形疾患、呼吸器疾患など
  3. 施設基準
    • 脳血管疾患等リハビリテーション料(1)
    • 運動器リハビリテーション料(1)
    • 心大血管疾患リハビリテーション料(1)
    • がん患者リハビリテーション料
    • 呼吸器リハビリテーション料(1)

理学療法部門

写真:理学療法1写真:理学療法2

「理学療法」は、病気やけが等により身体機能や動作能力が低下した方を対象に機能訓練や基本動作訓練などを行って機能や能力の改善を図る「運動療法」と、物理的な作用により痛みを緩和したり循環を改善したりする「物理療法」の2つから成り立っています。

当院では「急性期のリハビリテーション」を中心に担っており、運動療法については、発症・受傷・手術後間もない超早期から集中治療室を含めたベッドサイドで開始します。関節可動域訓練や筋トレなどの身体機能訓練や心肺機能訓練、寝返り・起き上がり・座位保持・立ち上がり・車椅子移乗訓練など基本動作訓練などを行いながら積極的に離床を図り、その後は理学療法室や病棟内での車椅子操作・起立・歩行訓練・応用動作訓練へと進め、最終的には、自宅退院や回復期リハビリテーション病院等への転院に繋げています。

対象疾患は、脳卒中などの「脳血管疾患」、骨折や関節症の手術後などの「運動器疾患」、心筋梗塞や心不全などの「心大血管疾患」、肺炎や呼吸不全などの「呼吸疾患」、長期安静等による「廃用疾患」、「がん系疾患」「糖尿病」などであり、総勢10名の理学療法士が疾患別に担当を決めて専門的に対応しています。 「物理療法」については、頚椎腰椎牽引装置・低周波治療器・極超短波治療器・ホットパック・ハドマー・気泡浴装置・渦流浴装置等を備えており、疼痛緩和・循環改善・浮腫軽減などを図っています。

作業療法

写真:作業療法1写真:作業療法2

作業療法では、日常生活動作に支障をきたしている患者様に対し、機能訓練やその動作の練習などを行い自宅退院や施設転院、社会復帰などに繋がるようサポートに努めています。

その日常生活動作には、具体的に座る・立つ・歩くといった基本的動作、食事・衣服の着脱・排泄・入浴などを指す応用的動作の2つに分かれ、患者様それぞれの状態やニーズに応じ訓練を進めています。例えば、病気やけがの影響で利き手の使用が制限されてしまった方に対しては、逆の手でお箸やペンなどを使えるように訓練を行ったり(利き手交換訓練)、下肢の骨折などでお風呂に入れなくなった方に対しては実際の浴槽を用いて練習を行ったりもしています。必要に応じて自助具(日常生活で支障をきたしている動作を、可能な限り自分自身で容易に行えるよう補助するための道具)などの福祉用具の選定やアドバイスなども行い、より自立した生活が営めるよう関われることに心掛けています。

対象は脳血管障害、整形外科疾患、がんの患者様を主に、その他神経難病、廃用症候群の方などにも行っています。

言語聴覚療法

写真:言語視覚療法

言語療法では、コミュニケーションが困難になる失語症、構音障害、食べる機能の障害である嚥下障害、高次脳機能障害についてアプローチしています。

失語症では、聴く・話す・読む・書くといった言語機能をうまく活用し、コミュケーション能力の改善を促します。発音の障害である構音障害では発声発語器管の運動などを行い明瞭な発話となるよう練習します。また50音ボード、トーキングエイドなど伝えるための他の方法を代償的に使うことを提案することもあります。

リハビリテーションの紹介

脳血管疾患等リハビリテーション

脳卒中(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血)や頭部外傷により身体に麻痺を呈した患者さまに対して理学療法士が中心となり早期より麻痺改善を目的とした機能訓練や作業療法士が中心となりトイレ動作や食事、更衣動作の再獲得を目指した日常生活活動訓練を実施しています。また言語聴覚士が中心となり飲み込みの障害である嚥下障害や言語障害など高次脳機能障害に対して訓練を実施し患者さまの自立生活再獲得への支援を行っています。

近年では発症早期からのリハビリテーションは早期社会復帰や家庭復帰、機能改善や寝たきり防止のために有効であるとされています。当院では脳卒中発症後平均3日以内(平成25年1月〜12月)でリハビリテーションが開始されています。対象となる疾患は脳梗塞が最も多く146件で続いて脳出血46件、外傷性疾患24件、クモ膜下出血17件、その他65件となっています。(平成25年実績)季節によるばらつきもありますが月平均26件の新規リハビリテーション処方が行われています。

チーム医療体制

急性期のリハビリテーションは時にICU(集中治療室)から開始されることもあり急変のリスクも伴います。そのためリハビリテーションを実施するにあたっては厳重な血圧管理や主治医や看護師等との治療方針の確認が重要です。そのため週に1回の脳神経外科部長回診や病棟カンファレンスにリハビリテーションスタッフが参加し情報や意見交換を行っています。また月に2回医師、看護師、栄養士、メディカルソーシャルワーカーなどを含めたリハビリカンファレンスを実施し他職種間での相互理解を深めています。

運動器リハビリテーション

対象疾患は大腿骨転子部骨折や大腿骨頚部骨折、変形性股関節症・膝関節症に対する人工関節置換術、半月板損傷、腰部脊柱管狭窄症、頚髄症等の術後訓練をクリニカルパスに則り実施しています。また、腕や足、腰椎など各部位の骨折や脊髄損傷に対して状態に応じて早期より対応し、実施しています。大腿骨転子部骨折・大腿骨頚部骨折の骨接合術、人工骨頭挿入術々後の方々に対しては、地域連携パスに則り円滑に在宅生活へ繋がるよう他病院や他職種のスタッフと連携し進めていきます。

医師の指示の下、受傷早期より、理学療法にて身体機能訓練や基本動作(起きる・座る・立つ・歩く)練習、自主訓練の指導などを行い、作業療法にて日常生活動作(食事・排泄・更衣・整容・入浴)訓練、日常生活関連動作(料理・掃除・洗濯・布団敷きなど)練習、また自助具や福祉用具の提案や導入を中心に関わっています。

理学療法・作業療法ともに心身機能を最大限に回復し、可能な限り受傷前の生活に戻れるように医師や看護師、ソーシャルワーカーなどと連携を図りながら関わっております。

各種活動

整形外科リハビリテーションでは、

  • 週1回 整形外科病棟回診(医師、病棟科長、地域連携室スタッフ、理学療法士、作業療法士)
  • 週1回 整形外科リハビリテーションカンファレンス(医師、病棟科長、病棟看護師、地域連携 室スタッフ、理学療法士、作業療法士)
  • 大腿骨頚部骨折パス会議  年3回参加
心大血管疾患リハビリテーション

心大血管リハビリテーション案内(PDF,4.23MB)

呼吸器リハビリテーション

肺炎などにより身体の機能低下きたした患者さんに対し、筋力訓練などの運動療法や座位保持・歩行訓練などの動作訓練を行い、日常生活動作の維持・改善を目指しています。また、慢性閉塞性肺疾患(COPD)・間質性肺炎・術後に呼吸機能の低下をきたした患者さんに対し、呼吸理学療法などを行い、呼吸機能向上、日常生活動作の維持・改善を目指しています。呼吸器科医師・看護師などとの定期的なカンファレンスのほか、情報交換を日々行い、患者さんが早期に退院できるように対応しています。

がん患者リハビリテーション
写真:作業療法1

当院では、がんの入院患者様に対してもリハビリテーションを実施しています。

がんといっても、消火器がん、肺がん、前立腺がん、頭頸部がん、乳がん・婦人科がん、骨軟部腫瘍・骨転移、原発性・転移性脳腫瘍、血液腫瘍(造血幹細胞移植)など様々ありますが、それらのがんにより手術を受けられた方、化学療法や放射線療法を受けておられる方を対象に、身体機能や日常生活動作能力の維持、改善のためリハビリテーションを行い、自宅退院に繋がるよう努めています。また、緩和ケアの患者様に対しても、疼痛緩和やQOL(生活の質)向上を目標とした関わりも行っています。そのため、病棟において医師、看護師、栄養士、医療相談員など他職種のスタッフと定期的にカンファレンスを開催して、患者様の情報共有や意見交換も積極的に行っています。知識向上を目的に毎年県内で開催されている滋賀県がんのリハビリテーション研修会にも参加しています。

平成27年度のリハビリテーション処方割合

写真:グラフ 運動器=27% 脳血管=25% 廃用症候群=15% 心大疾患=13% がん=12% 呼吸器=8%
当院のリハビリテーション治療効果(アウトカム評価)

リハビリテーション科では、実施したリハビリテーションの治療効果を把握するために、リハビリテーション開始時と終了時(退院時)にFIM(Functional Independence Measure:機能的自立度評価法)で評価を行い、疾患群別に統計をとっています。FIMは日常生活動作をどれだけ自分で営めているかを得点化して評価するもので、126点満点です。平成27年度の実績(平均値)は次のとおりです。

リハビリテーション治療効果(平成27年度)
疾患群 開始時 終了時 改善点数 低下者の割合
脳血管疾患群 52.6点 77.4点 +25.2点 2.9%
廃用症候群 56.6点 77.6点 +21.1点 1.9%
心大血管疾患群 83.0点 97.3点 +14.3点 1.2%
運動器疾患群 66.0点 95.5点 +29.3点 0.6%
呼吸器疾患群 54.1点 72.6点 +18.5点 0.7%
がん系疾患群 73.9点 111.5点 +37.6点 1.7%
全体の平均 63.7点 87.6点 +23.9点 1.6%

各種委員会等の取組

災害派遣医療チーム(D-MAT : Disaster Medical Assistance Team)
写真:災害派遣医療チーム1写真:災害派遣医療チーム2

彦根市立病院では、地域の災害拠点病院として災害派遣医療チーム(Japan Disaster Medical Assistance Team;日本DMAT)へ3チーム15名を登録しています。

職種としては医師(外科、形成外科、循環器科、小児科)、看護師(救急センター、ICU、手術センター、外来)、コメディカル(検査科、臨床工学科、リハビリテーション科)で構成されており、リハビリテーション科からは作業療法士1名が登録しています。有事の際に備えて、日頃からDMAT研修・訓練への参加、資機材の管理、院内災害マニュアルの整備、院内大規模災害訓練の実施などを行っています。

褥瘡・創傷対策部会、褥瘡回診

医師、看護師、栄養士、医療相談員、医事課、理学療法士にて行われており、褥瘡がある患者様の状況や各部署での報告などを実施。また、回診にも理学療法士が参加しています。

糖尿病教室

医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、歯科衛生士、理学療法士の多職種からなるチームとして活動しており、理学療法士が入院・外来患者様に対して運動療法の講義や実技指導などを行っています。

栄養サポートチーム(NST : Nutrition Support Team)

内科医師、外科医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、言語聴覚士の多職種からなるチームとして活動しています。入院時のスクリーニング、再評価により低栄養状態の患者を早期に発見し、栄養状態の改善に努め、栄養状態の改善により、原疾患の治療促進や感染症等の合併症の予防を行います。

脳卒中パス会議

脳卒中を患った患者さんの治療や生活支援が効率的に行えるよう、当院では脳卒中クリティカルパス(滋賀県統一様式)を使用して、他の医療機関との連携をはかっています。

脳卒中クリティカルパスの運用が効果的・効率的に行えるよう、他医療機関や地域の介護関係者と定期的に会議を設け、事例検討や運用方法の検討などを行っています。

当院では、患者さん本人や家族にも疾患や治療について理解していただけるよう、脳卒中についての情報をまとめて冊子にした「脳卒中の手帳」を、患者さん本人・家族にお渡ししています。

ひこっと研究会(大腿骨頚部・転子部骨折地域連携パス)合同会議

回復期リハビリテーション病院(近江温泉病院、神崎中央病院、豊郷病院、ヴォーリズ記念病院、彦根中央病院)の医師、看護師、医療ソーシャルワーカー、社会福祉士、ケアワーカー、理学療法士、作業療法士のスタッフの方々とパスの運用状況や現状及び事例報告、パス運用の話し合いを行っています。

CET(Cardiac Exercise Training)委員会

心臓リハビリテーションの運営などの話し合いを、医師、外来・病棟看護師、保健師、臨床検査技師、栄養士、臨床工学技師、薬剤師、医事課、理学療法士の他職種スタッフが参加して行っています。

医療従事者のための蘇生トレーニング(ICLS : Immediate Cardiac Life Support)
写真:蘇生トレーニング1写真:蘇生トレーニング2

当院では、救急医学会認定の医療従事者のための蘇生トレーニング(Immediate Cardiac Life Support:ICLS)コースを開催しています。リハビリテーション科においても技術研鑽のための受講や、認定者はインストラクターとして指導にも参加しています。

回診(脳神経外科、整形外科)

脳神経外科では毎週火曜日に、整形外科では毎週金曜日に医師、病棟科長、MSW、栄養士、リハビリスタッフによる回診に参加しています。

カンファレンス

脳神経外科、整形外科、呼吸器科、がん、血液内科の各疾患にてリハビリを受けておられる患者様を対象に毎月、医師、病棟看護師、MSW、栄養士、リハビリスタッフなど多職種スタッフにて治療方針の確認、今後の方向性などの話し合いを行っています。

外来リハビリ通院中の患者様に対しては、外来リハビリ担当の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士にて行っています。 など

△ページの先頭へ△