ページの先頭です

彦根市立病院 HIKONE MUNICIPAL HOSPITAL

当院は日本医療機能評価機構認定病院です。
文字を大きくする小さくする元に戻す
お問い合わせ

診療科・部署のご案内

ここから本文です

緩和ケア科

がんストレス外来、サイモントン療法外来

緩和ケア科の対象となるのは、がん患者さんとその家族です。以前は終末期のがん患者さんのみが対象であると誤解されていたところがありましたが、当院の緩和ケア科では、がんと診断された時から、その治療中、治療後、再発時、終末期を問わず、すべての段階のがん患者さんやその家族を対象としています。

緩和ケア外来では、がん患者さんが持っている様々な身体的、精神的苦痛を和らげることはもちろんのこと、再発予防や代替医療、健康食品などに対する相談や日常生活に伴う問題への対処など、がん患者さんの抱える一般的な悩みやストレスに対しても広く対処していくことも目的としており、主に以下のようなことを行っています。

  1. 痛みをはじめとする身体的苦痛に対して積極的に対処し、日々の生活が快適に送れるようサポートします。また必要に応じて短期の入退院を繰り返しながら症状緩和も行い、可能な限り快適な時間を過ごしてもらえるよう努めます。なお他科において抗がん剤治療などを行っている場合でも、それと平行して痛みなどの苦痛症状に対処することも可能です。
  2. 再発への不安などがある場合には、その不安に対処するとともに、どのようにしたら再発予防が可能なのかといったことについても、患者さんとともに考えたりアドバイスをしたりします。
  3. 西洋医学以外の治療法、いわゆる代替医療健康食品などについても、患者さんの希望があれば積極的に相談にのり、必要に応じて取り入れていきます。
  4. 「もう治療法はありません」と言われた場合でも、希望する限りは治療の可能性を探り、患者さんの意向に添った関わりをしていきます。
  5. がんの告知がされていない場合でも緩和ケア科での診療および入院は可能ですが、告知をした方がよいと判断した場合には、家族にも十分理解してもらった上で告知をする場合があります。
  6. 患者本人のみならず、家族の精神的苦痛の緩和やケアにも力を注ぎます。必要ならば家族のみによる受診も可能です。
  7. サイモントン療法をベースとした外来診療(サイモントン療法外来)も行っており、患者さんやその家族(パートナーなど)のためのヒーリングプログラムに基づいた診療をおこなっています(担当:田村祐樹)。
  8. 入院が必要と判断した場合には、緩和ケア病棟に入院をしてもらい、そこで個々の患者さんの意向に添った関わりをしていきます(→緩和ケア病棟へ)。
サイモントン療法について
サイモントン療法について

サイモントン療法はカール・サイモントン博士(米)により開発された、がん患者さんとその家族(パートナーなど) のためのヒーリングプログラムです。40数年にわたり改良を加えて発展し、現在はアメリカ、ヨーロッパ、日本で提供されている療法です。 この療法は、感情の安定にむけて、カウンセリングやグループ療法を行い、セルフケア、ストレスマネジメントの力を培っていきます。

がんの治療を受けている方やこれから受ける方にとって、感情が安定した状態で治療を進めていくことはとても大切なことです。感情が不安定で動揺したままでは、手術、抗がん剤、放射線、あるいは他の治療を進める上でも、多様な問題が生じるからです。このようにサイモントン療法は、安定した感情を維持し、がんの治療が良い方向に向かうことを支え、手助けするための療法だと言えます(担当:田村祐樹)。

外来受診について

緩和ケア外来(がんストレス外来、サイモントン療法外来)はすべて完全予約制になっています。まずは当院に電話で連絡を頂き、その上で緩和ケア外来の初診申し込みをして下さい。なお可能な限り紹介状をお持ち下さい。

スタッフ紹介

黒丸 尊治

部長

黒丸 尊治

昭和62年卒業

専門分野・得意疾患

緩和ケア・がんの心身医学

認定医・専門医等

日本心身医学会専門医

日本緩和医療学会暫定指導医

ひとこと

患者さんや家族の思いに寄り添ったかかわりをする一方で、「まだあきらめたくない」という思いも大切にしています。

参考図書

黒丸尊治著「緩和医療と心の治癒力」(築地書館)

黒丸尊治著「心の治癒力をうまく引きだす」(築地書館)

△ページの先頭へ△