ページの先頭です

診療科・部署のご案内

ここから本文です

薬剤部

薬剤部では、下記の方針に基づき、医師、看護師等の医療スタッフと連携をはかり、チーム医療に貢献することを目的とした薬剤業務を推進しています。

  1. 患者さんが、安心して満足な治療を受けられるように、薬と薬に関する情報を患者さんおよび医療スタッフに提供します。
  2. 薬品の安全性、有効性を重視し適正使用のチェックを行い、医療事故防止に努めます。
  3. 正確かつ安全な調剤を、迅速に行うことをこころがけます。
  4. 積極的に病棟、関連部門へ出向き、チーム医療に参画します。
  5. 専門性、経済性を考慮した適正な薬品管理に努めます。
  6. 薬剤の品質管理のため薬剤関連部門を常時清潔に保ちます。
  7. 薬学生の実務実習を通じて薬剤師養成教育に努めます。

主な業務

調剤業務(内服薬・外用薬・注射薬)

オーダリング(電子カルテ)の処方を調剤支援システムで受け、調剤、注射セット、薬品管理、薬剤管理指導業務に連携させて運用し、併用禁忌、用量、重複投与等のチェックを容易にしています。

入院処方は、服用薬の一包化、定期処方薬の配薬カートへの個人別服用時毎セット、通常注射の個人別セットおよび注射の1回分セット等、医療事故防止や安全性につながる取り組みに重点をおいています。

散薬調剤

散薬調剤

定期処方薬のセット

定期処方薬のセット

注射処方のセット

注射処方のセット

医薬品情報業務
医薬品情報業務

医薬品情報業務

お薬を正しく、効果的に使うために必要な情報を収集し、評価し、医師、看護師等の医療スタッフに提供しています。また、医師・看護師からの問い合わせに対応しています。

医薬品管理業務

病院内のお薬の在庫や品質の管理を行っています。また、麻薬、血液製剤等の管理および使用記録の管理を行っています。

薬剤管理指導業務(病棟業務)

入院中の患者さんにお薬の説明を行っています。このお薬の説明を通して、そのお薬が正しく使用されているか、お薬の副作用はないか、持参薬との飲み合わせ(相互作用)はないかなどの確認を行っています。

また、薬剤管理指導業務を中心に病棟担当薬剤師を置き、カンファレンス等にも参加し病棟スタッフとの連携を深め、よりよいチーム医療への参画をめざして取り組んでいます。

抗がん剤(注射)の調製
抗がん剤の無菌調製

抗がん剤の無菌調製

抗がん剤の無菌調製

抗がん剤の無菌調製

抗がん剤投与(外来・入院)においては、安全で有効な抗がん剤治療が行えるようにレジメン管理(用法・用量・投与間隔等のチェック)を行い、処方鑑査を徹底し、安全キャビネットにて無菌調製を行っています。

持参薬の管理
持参薬鑑別

持参薬鑑別

持参薬(入院時に持参されたお薬)を鑑別し、電子カルテ端末より持参薬報告書を作成しています。

チーム医療

糖尿病教室、循環器病教室での指導やNST(栄養サポート)、褥瘡対策、緩和ケア、ICT(感染対策)等でのチームの一員としての活動を行っています。

実務実習生の受入れ
実務実習生への講義

実務実習生への講義

6年制薬学部学生における11週間の実務実習では、平成22年度より、実務実習生を受け入れています。 調剤、医薬品情報、病棟業務、チーム医療などに関して講義を交えた、実務実習を通じて、将来の薬剤師養成にも力を注いでいます。

スタッフ紹介
  • 部長:三露 久生
  • 科長:河普@一久
    科長補佐(統括):大野 勝則
    科長補佐:小財 貴子
  • 薬剤師 20名(2016年10月1日現在)
認定専門資格
  • 日病薬 がん薬物療法認定薬剤師:三露 久生、近藤 博紀
  • 日本臨床腫瘍薬学会 外来がん治療認定薬剤師:横幕 香織
  • 日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師:森本 淳
  • 日病薬 認定指導薬剤師:三露 久生、小池 真理
  • 日本糖尿病療養指導士:森本 淳、
    井上 加菜子、松下 真弓
  • 日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師:
    三露 久生、河普@一久、大野 勝則、小財 貴子、
    近藤 博紀、井上 加菜子、松下 真弓、小池 真理
  • 日本褥瘡学会認定師:河普@一久
平成27年度実務実績(月平均)
  • 薬剤管理指導件数 606件/月
  • TPN調製件数 54件/月
  • 抗がん剤調製件数(外来・入院) 298件/月
実務実習生受入れ数
  • 平成24年度実務実習生受入れ数 9名
  • 平成25年度実務実習生受け入れ数 8名
  • 平成26年度実務実習生受け入れ数 8名
  • 平成27年度実務実習生受け入れ数 6名
△ページの先頭へ△