ページの先頭です

診療科・部署のご案内

ここから本文です

病理診断科

写真:病理診断科

皆さんの中で胃が悪くて病院を訪れた経験のある方は、まずバリウムを飲んで胃透視を受け、カメラで胃の中を検査したあと、胃の粘膜の一部を顕微鏡で調べた結果を聞かれたと思いますが、例えばそうした診断が病理診断科の仕事です。

病気を適切に治療するためには、まず正しい診断が必要ですが、それには医師の診察、生理検査、検体検査、内視鏡、画像診断などの他に、病理診断が不可欠です。

ヒトの病気は、突き詰めると体を造る細胞や組織の故障によって起こるものです。そしてこうした細胞、組織の異常を顕微鏡下に直接観察して病気の本能を決定するのが病理診断ですから、多くの場合これが病気の最終的判断となります。例えばガンの確定診断はほとんどの場合病理診断なしでは不可能です。病理診断科では、ヒトの体から各種の方法で得られる細胞(病理細胞診断)、あるいは生検と言われる診断目的でとった組織や、手術で切除した臓器などを詳しく調べて(病理組織診断)、病気の本態やその進み具合を診断、病気の治療や先行きの判断のための詳細な情報を各診療科に提供します。

また、手術中に取り出された臓器や組織の断端を調べたり、転移の有無を調べる事(術中迅速診断)は、手術範囲の決定にも役立ちます。

当院では長年の経験と豊富な知識を持つ病理専門医、細胞検査士、技師がこれらの業務を担当、良質で高度な医療の提供に貢献しています。

医師の紹介

山田 英二

主任部長

山田 英二

昭和52年卒業

専門分野・得意疾患

神経病理学・外科病理学

認定医・専門医等

日本病理学会病理専門医

日本臨床細胞学会専門医

ひとこと

“Doctor's Doctor”として「高い精度と迅速な病理診断」をモットーに、臨床を支えています。

嘱託

松本 正朗

昭和38年卒業

専門分野・得意疾患

診断病理学全般

認定医・専門医等

日本病理学会病理専門医

日本臨床細胞学会専門医

嘱託

石垣 宏仁

平成12年卒業

専門分野・得意疾患

腫瘍免疫学

認定医・専門医等

日本病理学会病理専門医

△ページの先頭へ△