ページの先頭です

診療科・部署のご案内

ここから本文です

放射線科のサイトにようこそ

放射線科

診療予定表を見る

放射線科の概要

放射線科のホームページをご覧いただきありがとうございます。放射線科のスタッフは診療放射線技師17名、看護師8名、検査助手3名で構成されています。

放射線科の業務を大きく分けると『画像診断』『放射線治療』『核医学』『血管内治療』の4部門に分けられ、専門性の異なる広い領域を担当しています。

検査で得られた画像の管理も当科で行っています。当院では電子カルテシステムから直接検査オーダーを放射線科情報システムにより受け取り、会計情報を医事システムに送る完全電子化システムをとっており、撮影された画像もサーバーへ速やかに送られるため、診療の場へスムーズにフィードバックできるシステムを構築しています。

簡単に言うと、撮影された画像は終わるとほぼ同時に診察室で見ることができ、会計情報も医事課に送られているということです。

画像診断

CT検査やMRI検査といった体の断面の情報が得られる検査やX線が体を透過することによって情報を得るX線TV検査や一般撮影などが代表的です。

放射線治療

放射線治療は外部照射と内部照射がありますが、当院では外部照射のみ行っています。強い放射線を当てると腫瘍細胞の分裂を阻害するため腫瘍が縮小する原理を利用した治療方法です。

核医学検査

RI検査とも呼ばれていますが、体の各組織に特異的に集まる放射性同位元素を血管内に入れ、集積したところから発せられる微弱な放射線から情報を得る検査です。体の中に入れる放射性物質は医療用であり、放射線を出す寿命が短い物を適正量使用しているため、それを入れることによる障害はありませんのでご安心ください。

血管内治療

血管内の血栓を取り除いたり、狭窄を治したり、また腫瘍に行く血管を詰めたりと様々な治療を行っています。その中で3D画像を作成するなどチーム医療の一員として働いています。

医師の紹介

畑 博之

主任部長

畑 博之

平成2年卒業

専門分野

画像診断・腹部領域

認定医師

放射線診断専門医

ひとこと

より良い検査と読影レポートを提供することで、臨床の先生方の少しでもお役にたてますよう、精一杯勤めさせていただきたいと考えています。

装置紹介
写真:CT装置

CT装置

LightSpeed VCT(2009年9月〜) GE

LightSpeed Ultra(2002年7月〜) GE

写真:MRI装置

MRI装置

Signa HDxt 1.5T Optima Edition(2012年6月〜) GE

写真:3DCT画像
3DCT画像

上記は心臓CTの3D画像です。心臓以外に頭部や腹部、四肢などあらゆる場所3D検査を当院では行っています

写真:画像処理システム 乳房撮影装置

画像処理システム

Ziostation2(2016月10月〜)ziosoft

AW(2012年6月〜) GE

乳房撮影装置

Senographe DS(2012年12月〜) GE

写真:CT装置写真:MRI装置

血管撮影装置

Allura Clarity FD 10/10(2014年4月〜) PHILIPS

INFX-8000V/J6(2011年9月〜) TOSHIBA

写真:RI装置

RI装置

E.CAM(2002年7月〜)SIEMENS

写真:放射線治療装置

放射線治療装置

MEVATRON MD2-140A(2002年7月〜)TOSHIBA

写真:一般撮影装置

一般撮影装置

CXDI 401C/701C/801C(2014月11月〜)Canon

CR(2013年2月〜)Carestream

KXO-80G(2002年9月〜)東芝

写真:X線TV装置

X線TV装置

DREX-ZX80/P5(2016年2月〜)TOSHIBA

DREX-UI 80/07(2016年2月〜)TOSHIBA

UDT-500A(2002年7月〜)TOSHIBA

写真:結石破砕装置

結石破砕装置

LITHOSTAR Multiline(2002年7月〜)SIEMENS

写真:パノラマ装置

パノラマ装置

Veraviewepocs(2002年7月〜)MORITA

写真:骨密度装置

骨密度装置

Dichroma Scan(2012年10月〜)日立アロカメディカル

X線写真の異物

写真:異物が写り込んだ写真

@ブラジャーのワイヤー

Aブラジャーのフォック

Bキャミソールの肩紐調節

Cボタン

Dジッパー

胸部X線写真を撮る際、脱衣や着替えをお願いしています。

『これ位ならいいでしょ?』『脱ぐのが大変だから』『前回は脱いでいない』

など色々とご意見を伺いますが、理由はこの写真です。ネックレスやエレキバン、湿布やシャツの重なり、ボタン、ブラジャーや肩紐調節、一部のプリントTシャツなど確実に写り込んできます。本来なら素肌で撮るのが基本ですが、現在は無地かそれに近いTシャツを1枚着るのが主流となってきています。写りこみは肺などの鮮鋭度を低下させたり、重なって写るために体内に異物や病変が有るように写ったりします。脱ぐ事が完全に不可能である場合を除いて極力誤診につながることを避けるためにご協力をお願いします。

食事制限について

検査によっては食事制限があります。胆のうが拡張している状態を観察するためや、胃の中に食べ物が何もない状態で観察するためなど理由はそれぞれの検査によって異なりますが医師の指示通りによろしくお願いします。薬については主治医にご相談してください。

MRI検査について

写真:歪んだ画像

検査を受けられた方はご存知だと思いますが、金属の有無確認を執拗に行っています。それは撮影部位にかかわらず全身が強力な磁石の中に入るためです。金属が体についていると発熱して火傷をしたり、上記の写真のように画像が歪んだりしてしまいます。また、体についている金属がMRI装置に張り付いてしまうと、それ以降検査を行う事が出来なくなってしまいます。安全に検査を受けるためにもご協力をよろしくお願いします。

○その他の検査について

初めに書かせていただいたように、放射線科は多種多様な検査と治療を行っています。それぞれ前処置や準備がことなりますので、疑問に思うことがあればお気楽にお尋ねください。各分野の担当技師がお答えさせていただきます。

△ページの先頭へ△