ページの先頭です

診療科・部署のご案内

ここから本文です

形成外科

診療予定表を見る

整形外科と名前が似ていたり、皮膚科や美容外科とどう違うのかなどの質問を受けることがあります。形成外科とは、腫瘍などの病気やけがによる見た目の変形や生まれつきの異常による変形に対して主に手術という治療法を用いて治療を行っていきます。

熱傷(やけど)

多くの場合は、塗り薬や創傷被覆材と呼ばれるものを用いて治癒することができますが、深いやけどや広い範囲の場合には植皮術などの手術治療が必要になります。

外傷

現在、彦根市立病院では主な傷は形成外科が窓口となって対応しています。 特に顔面は目立つ部位であり適切な処置が必要になります。また、顔面の骨折に関しても治療を行っています。また、指の切断なども可能な限り顕微鏡での再接合や困難な場合には皮弁などでの再建手術も行います。

腫瘍

ほくろ・いぼ・粉瘤・脂肪腫などの良性腫瘍、または皮膚がんなどの悪性腫瘍の治療を行います。良性腫瘍の場合は、場合によってレーザー治療で行う場合もあります。悪性腫瘍の場合には、切除により大きな欠損が生じる場合があります。その場合は、植皮術や皮弁術などによる再建手術が必要になる場合があります。

傷あとのひきつれ・ケロイド

ひどい傷跡は拘縮というひきつれを起こします。その場合も手術によって改善することが可能です。また、ケロイドと呼ばれる難治性の傷跡は、単純な手術治療では再発してしまいます。放射線治療を併用したり、また可能であれば薬での治療も検討します。

褥瘡、足潰瘍

いわゆる床ずれは介護する方をはじめ、様々な職種の方の協力が必要です。当院では皮膚・排泄ケア認定看護師とともに褥瘡専門外来を開設しています。また、近年糖尿病や足の血行障害による壊死・潰瘍が多くなってきています。これらに関しては循環器科でのカテーテル治療などと協力して、できるだけ大きな切断が回避できるように治療を行っていきます。

眼窩・眼瞼疾患

眼瞼下垂症は近年マスコミにも取り上げられ注目されています。原因は様々ありますが、手術治療により改善ができる疾患ですので、ご相談ください。また、いわゆる逆まつげなどの眼瞼疾患についても様々な原因があり、その原因に応じた治療を行っています。

その他

小児の短時間の手術に関しては、麻酔科の協力により日帰り全身麻酔での手術が可能です。ご相談ください。

医師の紹介

伊藤 文人

部長(統括)

伊藤 文人

平成7年卒業

認定医・専門医等

日本形成外科学会専門医

日本形成外科学会皮膚腫瘍外科指導専門医

日本がん治療認定医機構暫定教育医

日本褥瘡学会認定師

日本創傷外科学会専門医

関西医科大学臨床教授

堀内 あい

医員

堀内 あい

平成22年卒業

専門分野・得意疾患

形成外科一般

岡本 茉希

専攻医

岡本 茉希

平成25年卒業

専門分野・得意疾患

形成外科一般

ひとこと

地域のみなさまが安心してお話できるようにこころがけます。

加古 絢子

専攻医

加古 絢子

平成25年卒業

専門分野

形成外科一般

ひとこと

良い治療ができるようにがんばります。不安なことがあれば、気軽に聞いてください。

△ページの先頭へ△