ページの先頭です

診療科・部署のご案内

ここから本文です

心療内科

診療予定表を見る

心療内科ってご存じですか?

「身体がだるい、めまいがする、動悸がする、頭が痛い、食欲がない、お腹が痛い、体重が減った、眠れない」といった症状で病院を受診したけれど、検査をしてもどこも異常がありませんと云われた方はおられませんか? 自律神経系の働きが乱れることによって身体器官の機能が失調をきたしている場合にこのような症状が出てくることがよくあります。また下垂体機能異常、甲状腺機能異常や副腎機能不全、更年期障害などホルモンのバランスに異常がある場合も同様の症状が出てくることが知られています。

さらに今日のストレス社会の中で、さまざまな理由から不安や抑うつ症状が持続することによって、脳の慢性的な疲労をきたす場合もこのような症状が出てくることが知られています。多くの場合、自分が受けているストレスにさえ気づかないことも多いのです。

このような症状に対して、心療内科では心と身体の両面からアプローチして治療していきます。すなわち心と身体を分けて治療するのではなく、「心身一如」の考え方のもと、一人の人間としての患者さんに敬意を払いながらアプローチしていくことが心療内科の特徴といえます。

心療内科は内科から生まれた診療科で精神科とは異なる診療科です。彦根市立病院心療内科は県内でも非常に珍しい内科医が担当する心療内科です。生活習慣病といわれる糖尿病、高血圧、高脂血症をはじめ気管支喘息や胃潰瘍など、慢性疾患の多くで、その発症や治療経過に心理的因子や社会的因子が大きな影響を与えていることが知られています。こうした疾患を「心身症」と呼びますが、心療内科はこうした心身症を専門に診療する科という性格も合わせもっています。

このような症状や病気でお悩みの方、ぜひ一度、心療内科を受診してみてください。

△ページの先頭へ△