ページの先頭です

診療科・部署のご案内

ここから本文です

神経内科

診療予定表を見る

対象とする病気

神経内科では、あらゆる神経疾患の専門的治療を行っています。代表的な神経疾患としては、脳卒中や髄膜炎、脳炎などの急に悪くなる病気と、認知症やパーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、末梢神経疾患など徐々に症状が出てきて徐々に悪くなる病気とがあります。

こんな時はすぐ来てください

脳卒中は発症後超急性期の専門的治療がその後の経過を左右します。もし急に半身の麻痺や言語のもつれなどが現れたら、すぐに受診してください。神経内科では脳外科と連携して24時間体制で救急疾患の受入れにあたっています。また、頭痛、発熱、けいれん、意識もうろう状態が急に起こる場合も、クモ膜下出血や髄膜炎、脳炎など、ただちに治療を要する病気である場合もあります。その他にも手足がしびれたり筋力が低下してくる病気に、ギランバレー症候群や重症筋無力症などの治療を要する病気があります。もし、このような症状があれば、できめだけ早く受診してください。

こんな時にもあきらめないでください

今まで認知症や神経難病は治らない病気とされてきました。しかし、例えば動作が鈍くなり歩きにくくなるパ−キンソン病に対しては薬物療法が進歩して、症状は良くなるようになりました。認知症に対しても薬物療法とケアー、生活指導により一定の改善効果が得られます。また難病中の難病である筋萎縮性側索硬化症に対しても、在宅人工呼吸器療法などの対症療法が、延命や生活の質の向上に役立つことがあります。

このような難病および慢性疾患に対して、地域医療機関や健康福祉センターなどの関連施設と連携し、予防医療、在宅医療を含めた診療活動を行っております。

わたしたち神経内科医は、専門的立場から治療やご相談に携わりますので難しい病気とあきらめないで、受診してください。

△ページの先頭へ△