ページの先頭です

診療科・部署のご案内

ここから本文です

糖尿病代謝内科

診療予定表を見る

特色ある治療

近年、糖尿病は増加の一途をたどり、最近の推計では全国で約950万人の有病者が、さらに将来糖尿病になる可能性のある“予備群”は約1,320万人に達するとされています。当内科では、糖尿病と代謝性疾患について最先端の医療を目指す、滋賀県湖東地区で数少ない糖尿病・代謝性疾患を専門とする診療科です。これらの疾患では早期診断、早期治療がキーポイントであり、重篤な合併症の発症・進展抑制や他の生活習慣病の発症を防止することが治療の最大の目標と考えています。

疾患の大部分を占める糖尿病の治療には、食事、運動療法を基本療法とし、患者さん個々の状態に応じ内服薬や注射薬による治療を行います。合併症の早期発見・治療のために、眼科、皮膚科、循環器科など他の診療科との連携を密接に行っています。食事療法に関しては7名の管理栄養士を配し、外来治療においても継続した食事指導を実施し、多大なる成果を挙げています。さらに、入院患者さんの場合、糖尿病治療に関しては他科の入院の場合でも当科にて全館完全管理を実施し、他科の治療向上に努めています。増加し続ける糖尿病患者さんのより良い治療のために、近隣の病院・診療所との病病・病診連携にも力を入れています。

糖尿病などの生活習慣病が気になる人、太り過ぎかなと思っている人、喉元がどうも腫れているかも知れないと思っている人などは、できるだけ、かかりつけ医または近くの診療所の先生からの紹介状を持参のうえ、当科に御相談下さい。

クリニカルインディケーター

医師の紹介

矢野 秀樹

副院長

矢野 秀樹

昭和56年卒業

認定医・専門医等

京都大学医学部臨床教授(糖尿病・栄養内科)

日本内科学会:認定医、指導医

日本糖尿病学会:専門医、学術評議員

日本病態栄養学会評議員:NSTコーディネーター

京都大学医学部非常勤講師

ひとこと

糖尿病の最新の知見をもとに、医師、看護師、管理栄養士、薬剤師等とチーム医療を行っています。糖尿病のことなら何でもご相談ください。

黒江 彰

主任部長

黒江 彰

平成2年卒業

認定医・専門医等

日本内科学会:総合内科専門医、指導医

日本糖尿病学会:専門医・研修指導医・学術評議員

日本病態栄養学会:専門医、評議員、NST コーディネーター

日本医師会:認定産業医

京都大学医学部非常勤講師

ひとこと

平成21年に赴任しました。常に最先端の医療を患者さんと共有できるように、これからも努力を続けていきます。

菱澤 方洋

医長

菱澤 方洋

平成10年卒業

専門分野・得意疾患

糖尿病・内分泌系

認定医・専門医等

日本内科学会:認定医

ひとこと

患者さんのご希望に沿いながら、適切な医療を提供していきます。

日本糖尿病療養指導士

  • 看護師10名:岩風T美、大久保幸、柏原香織、堺幸、種村明美、中村満美、初田沙織、阪東佑香里、森亜希子、山下望
  • 管理栄養士4名:小野由美、大橋佐智子、木村章子、振角英子
  • 薬剤師3名:井上加菜子、松下真弓、森本淳
  • 理学療法士3名:藤井淑子、三島綾子、吉田勝巳
  • 臨床検査技師1名:田邊正喜
△ページの先頭へ△