ページの先頭です
ここから本文です

感染対策室

当院の感染対策室は2012年4月にリニューアルし感染対策室として独立しました。 緊急時にも対応可能な院長直下の組織として院内感染対策を遂行しています。

感染対策室にはICD(感染制御医)の資格を持った医師やCNIC(感染管理認定看護師)の資格を持った看護師、ICMT(感染制御認定臨床微生物検査技師)の資格を持った検査技師、IDCP(抗菌化学療法認定薬剤師)の資格を持った薬剤師、事務員など17名のスタッフが所属しています。

患者・医療従事者・その他病院を訪れる人すべてを感染から守るためにICT(感染対策チー ム)を作って活動をしています。その主な内容を紹介します。

ICT活動の紹介

院内でのICTの活動

院内感染対策委員会/ICT会議を、1回/月開催しICT活動報告を行い更なる改善策を検討します。

院内感染対策委員会メンバー

2016年9月 院内感染対策委員会

ICT(感染対策チーム)のメンバー

ICTラウンド:週一回程度の院内ラウンドにより感染対策上問題がないかを点検し、感染症の確認あるいは異常発生の特定と制圧、適切な感染症発生者の隔離方法の確認、抗菌薬の適正使用や相談・指導にあたっています。

週一回程度の院内ラウンドの様子
相談・指導の様子
点検の様子

ICTラウンドでは問題点を見つけ、改善策を検討します。

その他にもICTはいろいろな活動をしています。

院内感染対策リンクナース会

点検の様子

学習会やグループワーク、ラウンド、調査研究、マニュアル作成など意欲的に取り組んでいます。

全職員を対象に、部署や役割・レベルなどそれぞれの対象に合わせた研修会を、 年間30回程度開催して職員に対する教育活動をしています。

クリニカルラダー レベルT

研修会の様子
教育活動の様子

クリニカルラダー レベルU

教育活動の様子
教育活動の様子
教育活動の様子

クリニカルラダー レベルV 感染管理エキスパートコース

教育活動の様子
感染管理エキスパートコース

感染対策のいろは

感染対策のいろは
感染対策のいろは
感染対策のいろは
感染対策のいろは

院内感染対策セミナー 秋

2015年11月 外部講師招聘講演会

奈良県立医科大学感染症センター 笠原敬先生

感染対策のいろは
感染対策のいろは
感染対策のいろは
感染対策のいろは

院内感染対策セミナー 夏

感染対策のいろは
感染対策のいろは
感染対策のいろは
感染対策のいろは
感染対策のいろは

サーベイランス:院内感染の発生率を調査し他と比較することで、感染対策が適切かどうかを分析します。
サーベイランスによって得られたデータは現場にフィードバックをして、スタッフと一緒に改善策を講じます。さらに得られた情報は国内だけではなくアメリカの学会でも発表し論文にするなど、多くの人に役立ててもらえるよう感染対策向上に貢献しています。

彦根市立病院 看護師初の海外での学会発表!

アメリカ:APIC (米国感染制御疫学専門家協会)での演題発表,2014.6.7

APIC : Association for Professionals in Infection Control and Epidemiology

演題発表の様子

第30回日本環境感染学会シンポジウム

シンポジウムの様子

ICTの活動は、院内だけでなく近隣の施設とも連携し、施設に出向いての教育活動やラジオなどによる広報活動や病院ふれあい祭りでの市民の方への教育など、地域ぐるみでの感染対策にも取り組んでいます。

彦根市立病院ふれあいまつり感染対策コーナー

ふれあいまつり

地域連携合同カンファレンス

地域連携合同カンファレンス

地域連携相互評価

地域連携相互評価
△ページの先頭へ△