ページの先頭です
ここから本文です

ごあいさつ

彦根市病院事業管理者 兼 病院長 金子 隆昭

写真:病院長 金子 隆昭

 彦根市立病院のホームページにアクセスしていただきまして、ありがとうございます。病院を代表してご挨拶申し上げます。

 病院の将来を考える上でキーワードとなりますのは、地域医療構想と病床機能報告制度です。この2つは密接に関連しています。地域医療構想とは、団塊の世代が後期高齢者となる2025年における地域での医療需要を予測して、地域全体の病床機能を収斂させていく政策であり、その過程で病床機能報告制度が活用されます。まず、将来予測ありきで現在の病床を見直していくというのは、医療の現場で働く者にとっては違和感を覚えますが、超高齢社会が進行し、複数の疾患を併せ持った患者さんが増えてくる社会では、病気を完全に治すことはもはや不可能となり、病気を抱えた状態で地域がみていくという医療政策を取らざるをえません。地域医療は病院完結から地域完結へ、「キュア」から「ケア」へ、そして病院間の競合から協合へと改革が求められています。このように医療情勢が激変している中で、彦根市立病院には本年より始まる大きな企画がいくつかございます。まず、4月から経営形態が地方公営企業法の一部適用から全部適用へと変わりました。これは前回の経営改革プランの運用中から指摘されていたことですが、ようやく実現の運びとなりました。次いで、新たな経営改革プランの運用が始まります。前回の経営改革プランの後、当院では中期経営計画を運用していましたが、中期経営計画から新たな経営改革プランへ切り替えることになり、昨年より経営改革プランを策定検討してまいりました。パブリックコメントも終了し、当院にふさわしい経営改革プランができたと思います。そして、人事評価制度が始まります。当院では1年以上前からプロジェクトチームを立ち上げて、当院独自の評価項目を取り入れたシステムを作り、トライアルを重ねてまいりましたが、いよいよ運用が始まります。これらの企画はどれも病院の健全経営を目的としたものですが、もちろん地域医療構想の中での運用であることは論を俟ちません。

 診療面におきましては、昨年12月に産婦人科の医師2名を招聘し、4月から本格的に診療を開始する運びとなりました。これまで当院では産婦人科医師の不足により9年間、本格的な周産期診療は行えず、院内助産所が中心となってかろうじて正常分娩を継続しておりました。現在地域の周産期は産婦人科のクリニックが担っていますが、これからはクリニックと協力しながら地域の周産期医療に貢献していきたいと考えています。そして、本年4月から彦根市立病院では在宅診療部門を新たに立ち上げることになりました。湖東保健医療圏にはまだまだ在宅医療に携わる「かかりつけ医」が少ないこと、在宅医療に情熱を抱く優れたスタッフがいること、当院には以前より訪問看護ステーションがあり、実績をあげていること、認定看護師や特定行為を行える看護師が増えており、院外に出向いて診療できる体制が整ってきたこと、そして在宅歯科への関わりも可能となってきたこと、などがきっかけとなっています。当院で在宅診療部門を立ち上げることで、現在在宅診療を行っている地域の「かかりつけ医」の先生方を支えることができ、そして入院中の患者さんが在宅に戻るケースも増えてくるのではないかと期待しています。当院は湖東保健医療圏唯一の公的な基幹病院ですから、地域の救急医療は当院が中心になって支えていく責務があります。しかし救急医療だけではなく、救急医療に軸足(ピボットフット)を置いて、院外に向かって在宅医療を提供していく、いわば救急と在宅のピボット医療が展開できればと考えています。当院としても手探り状態でのスタートとなりますが、是非とも皆様のご支援とご協力をお願いいたします。


本院をご利用の皆様へのお願い

 医師の地域による偏在が深刻になっており、当院におきましても医師数の不足から、一部の診療科では診療の制限が余儀なくされている状況が続いています。地域の皆様には、大変ご迷惑をおかけしていますが、まずは近くの「かかりつけ医」をご利用いただき、入院治療や精密検査が必要とされた場合には紹介状を持って彦根市立病院を受診されますよう、お願いたします。また、休日急病診療所や小児救急電話相談などのご利用もお勧めいたします。

 市立病院が現在の専門診療の質を維持していくために、ご利用の皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

△ページの先頭へ△