ページの先頭です
ここから本文です

医療安全に対する取り組み

医療安全の基本方針

本院は、医療の安全を守り、患者さんとの信頼を築き、「安全かつ良質な医療を提供する」という病院理念に基づいた医療安全活動に努めています。より質の高い医療を提供するため、職員の一人ひとりが患者さんの安全を第 1 に考えています。また、医療安全を自分自身の課題として取り組めるように、院内安全管理体制の整備・構築をし、職員への安全教育を実施しています。そして、患者さんが安心して安全な医療が受けられるように継続した活動をしています。

業務内容

  1. 医療安全委員会と安全管理会議、リスクマネジメント部会の開催

    毎月1回、医療安全委員会を開催し、医療安全に関わる重要事項などについて報告・検討しています。また、毎週水曜日には安全管理会議を開催して、インシデント・アクシデント報告に迅速に対応するとともに、医療安全に関する重要な事項を審議しています。そして、リスクマネジメント部会は、毎月各部署のリスクマネジャーが会合し組織横断的な医療安全活動をおこなっています。

  2. インシデント・アクシデント報告の収集・分析、情報管理とその対策。

    レポートシステムを電子化しており、全ての職員は電子カルテと同じ端末から、いつでも何処からでも事例を報告することができます。その報告は、医療安全推進室で収集・分析し、情報管理しています。また、その報告から対策の必要について検討していきます。また、厚労省の医療事故報告事業に参加し、件数報告を定期的におこなっています。

  3. 医療安全に関する職員への啓発・広報・教育研修の企画と運営

    毎年7月の最終週を「院内医療安全週間」と定めています。医療安全に係わる特別講演やセミナーを5日間開催しています。セミナーでは、各部署・部門から安全に関する活動報告などをおこない、発表者の中からベストプラクティス賞などを設けて表彰しています。また、11月の全国医療安全週間にも医療安全セミナーを開催しています。これらの講演は内容により院外にも公開しています。

  4. 医療安全に関する院内ラウンドと現場の実態調査からの安全対策

    医療安全に対する取り組みの写真

    院長を含む安全管理会議メンバーや各部署のリスクマネジャーが定期的に院内ラウンドをして実態調査などを行います。各部署の安全対策手順が守られているかなどの評価をおこないます。

  5. 医療安全に関する最新情報の把握と周知

    各種の医療安全情報やインターネット等から医療安全に関した情報を収集しています。これらの中から重要な情報は、「安全管理ニュース」として院内に発信しています。また、毎月の日本機能評価機構「医療安全情報」を共有し、本院の状況と照らし合わせて、医療安全委員会やリスクマネジメント部会などを通じて全職員へ提供しています。これらの情報を院内で共有することは、職員の安全意識の向上につながり、事故発生の未然防止につながっていきます。

活動内容紹介(平成27年度)

安全管理ニュースの発行(不定期刊行)

  • No.1 なかなか減らない!カタボンLow血管外漏出
  • No.2 今日からあなたもせん妄マスター
  • No.3 医療安全週間を振り返る
  • No.4 インシデントから学ぶ急変対応場面
  • No.5 チューブ・ドレーンのインシデントアクシデント
  • No.6 もう一度見直そう!人工呼吸器装着患者さんの体位変換
  • No.7 アドレナリン注射薬の使い分け
  • No.8 受傷機会がはっきりしない療養上に発生する骨折!
安全管理ニュースNo.81安全管理ニュースNo.87

院内研修会

  • 医療安全週間(7月27日〜7月31日)
    テーマ:「チーム医療 よりよいコミュニケーションから」
    1. RRS・RST活動報告
    2. 院内各部門医療安全活動報告
    3. 特別講演・医療事故調査制度においてひとりひとりができること
    4. 転倒転落を考える
    5. 事故想定訓練・消えたファイナルチェックカードの行方
  • 医療安全セミナー
    1. 「せん妄」研修(外部講師招聘)
    2. チームSTEPPS研修(年2回開催)
    3. RRSって何だろう(外部講師招聘)
    4. 今年度の医療安全活動を振り返る
  • 看護部ラダー研修
    • レベルT「医療安全とは」
    • レベルU「医療安全とコミュニケーション」
    • レベルV 「医療安全の視点からみる組織の在り方」
    • 看護助手、MH、クラーク「医療安全とチームワーク」
リスクマネジメント部会
リスクマネジメント部会1リスクマネジメント部会2

各部署リスクマネージャーは、リーダーシップを発揮し他部署との連携や調整を図るなど、医療安全活動における課題に積極的に取り組んでいます。また、インシデント・アクシデント報告から、要因を追究し対策を考え取り組みをしています。

リスク看護部会
リスク看護部会1リスク看護部会2

看護部所属のリスクマネージャーが月に一度会合し互いの情報交換や医療安全に関する学習会を実施しています。巡回や事例分析を通し、医療安全に対する知識を深め、部署に還元できる取り組みをしています。

H27度より新たに「院内救急対応システム(RRS)」と「呼吸ケアサポートチーム(RST)」が医療安全の傘下に組織づけられました。

院内救急対応システム(RRS)のとりくみ

入院後、病気に対して適切な治療を行っているにも関わらず、病状が悪化し、予期せず心停止や呼吸停止といった重篤な状態に陥る患者さんがおられます。一旦、心停止に陥ってしまうと、予後は極めて悪いのが現状です。院内で急変する患者さんの中には、その数時間前までに血圧、心拍数、呼吸回数、意識レベルの変化がみられるという研究結果が報告されています。この変化が起こってから心停止に至るまでのあいだに、患者さんの状態変化を発見し、集中治療室での管理などの必要な治療を行い、心停止の発生を防ぎ患者さんの予後を改善することが、Rapid Response System (RRS)の目的です。2015年4月から運用を開始しております。

院内救急対応システム(RRS)のとりくみ1院内救急対応システム(RRS)のとりくみ2

呼吸ケアサポートチーム(RST)のとりくみ

「RST(Respiratory Support Team:呼吸ケアサポートチーム)の力で、院内の人工呼吸器管理をより安全に!」
RSTは、毎週水曜日にRSTラウンドを行います。院内の人工呼吸器管理が、安全に行われているかを確認し、必要なケアを行います。メンバーは、医師(呼吸器科、循環器科、歯科口腔外科、麻酔科)、看護師、臨床工学技士、理学療法士、管理栄養士、臨床検査技師、歯科衛生士で構成されています。人工呼吸器管理による患者さんの苦痛を最小限にするように、また呼吸器からの早期離脱を目標に、病棟看護師や他職種スタッフへサポートも行います。RST主催の勉強会も積極的に行い、院内の呼吸ケアの質の向上を目指します。

呼吸ケアサポートチーム(RST)のとりくみ呼吸ケアサポートチーム(RST)のとりくみ2
△ページの先頭へ△