ページの先頭です
メニューの終端です。

お知らせ

[2020年1月14日]

ID:334

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「院外処方箋における疑義照会簡素化プロトコル」の運用について

 平素より、院外処方箋を応需いただきありがとうございます。

 薬剤師による疑義照会は、医薬品の適正使用を行う上で重要な業務です。しかし、その件数は増加傾向にあり、形式的な疑義照会も多く、患者さん・保険薬局薬剤師・処方医師それぞれにご負担をかけている場合も見受けられます。

 当院では、平成22年4月30日付 厚生労働省医政局長通知「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について」を踏まえ、プロトコルに基づく薬物治療管理の一環として、調剤上の典型的な変更に伴う疑義照会を減らし、患者さんへの薬学的ケアの充実および処方医師の負担軽減を図る目的で、包括的に薬剤師法第23条第2項に規定する「医師の同意が得られたもの」として扱い、「院外処方箋 疑義照会簡素化プロトコル」の運用を2018年8月1日より開始することといたしました。

 本プロトコルを適正に運用するため、開始にあたっては、プロトコルの趣旨や各項目の詳細についての「院外処方箋 疑義照会簡素化プロトコル」説明会に参加いただいた上で、合意書を交わすことを必須条件としております。

 つきましては、本取組みへの参画をご希望される応需薬局の管理薬剤師の方は、彦根薬剤師会へご連絡お願いいたします。


(プロトコルの合意を交わす場合の注意点)

 ◇対象は、彦根薬剤師会 会員に限ります。

 ◇応需薬局(店舗ごと)の代表者として、管理薬剤師の方の説明会参加が必須です。

 ◇説明会終了後、本取り組みに参画される場合は合意書を交わしますので、印鑑(シャチハタは不可)

  をご持参いただきますようお願いいたします。

 ◇管理薬剤師の方が変更になった場合は、再度説明会に参加し合意書を交わすことが必要です。


薬剤情報提供書(トレーシングレポート)の運用について

 平素は、院外処方箋を応需いただき、ありがとうございます。

 今回、薬薬連携により、患者さんへの有効で安全な薬物治療推進のために「薬剤情報提供書(トレーシングレポート)」を準備いたしました。

 緊急性を要さないが「患者さんの薬物治療において有益と思われる情報提供」は、トレーシングレポートをご活用いただきますようお願いいたします。

 ご連絡は、FAXの誤送信を回避するため、薬薬連携用E-mail:yakuyaku@hikone-hp.jp へお願いいたします。(E-mailでの連絡が不可能な場合のみFAXでお願いいたします。)

 運用については、【滋賀県・薬薬連携の手引き】をご確認ください。

 なお、緊急性を要する「疑義照会」は、従来通りFAXでの連絡をお願いいたします。


彦根市立病院・彦根薬剤師会 薬薬連携研修会のお知らせ

◆2019彦根合同薬薬連携研修会(終了)

  日時:令和元年9月12日(木) 18時30分から

  場所:彦根市保健・医療複合施設 彦根市八坂町1900-4

      「くすのきセンター」3F(会議室) TEL 0749-23-7769

  特別講演

   座長 彦根市立病院 薬剤部 三露 久生

   演者 彦根市立病院 糖尿病代謝内科 主任部長 黒江 彰 先生

         「糖尿病治療薬の使い方」


◆令和元年度 第2回薬薬連携研修会を開催しました。(終了)

  日時:令和元年8月22日(木) 18時30分から

  場所:彦根市保健・医療複合施設 彦根市八坂町1900-4

      「くすのきセンター」3F(会議室) TEL 0749-23-7769

  内容:・『地域医療連携における薬薬連携』

             彦根市立病院 薬剤部  三露 久生

     ・『新たな薬剤部の業務 ~入退院支援センターでの業務開始~』

             彦根市立病院 薬剤部  大野 勝則


◆平成31年度 第1回薬薬連携研修会を開催しました。(終了)

  日時:平成31年4月25日(木) 18時30分から

  場所:彦根市保健・医療複合施設 彦根市八坂町1900-4

      「くすのきセンター」3F(会議室) TEL 0749-23-7769

  内容:・『調剤薬局でできる感染対策』

             彦根市立病院 薬剤部  米谷 領太

     ・『平成31年度薬薬連携の方向~30年度を振り返って~』

             彦根市立病院 薬剤部  三露 久生

     ・『平成30年の院外薬局における調剤過誤について』

             彦根市立病院 薬剤部  大野 勝則

彦根市立病院 院外処方箋における臨床検査値の印字について

 平素は、当院の院外処方箋を応需いただき、ありがとうございます。

さて、2017年9月24日(日)から、処方監査に必要な情報として検査値の一部を院外処方箋に印字いたしました。

検査値は、過去4ヶ月以内に測定された値が表示されます。空欄の場合は、過去4か月以内に測定された検査値がありません。

検査値を参照いただき、薬物療法の安全性向上や薬薬連携の推進にご活用いただきますようお願いいたします。

なお、検査項目の基準値を掲載しましたので、「検査値一覧表」をご参照ください。