ページの先頭です
メニューの終端です。

在宅医療支援室

[2018年6月27日]

ID:118

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

スタッフ

  • 医師
  • 看護師
  • 医療ソーシャルワーカー

業務の基本方針

平成28年4月より「在宅医療支援室」を新たに設立いたしました。
彦根市立病院は新生児から高齢者までのさまざまな方に対し、主に急性期疾患を診療させていただいておりますが、在宅医療支援室ではそのような方の在宅復帰を目的に、在宅療養の支援強化を行います。

業務内容

  1. 在宅療養支援
     入院中の方が在宅へ退院される際に、訪問診療にて在宅療養のフォローを行います。状態が落ち着つかれたのち、開業医の先生(かかりつけ医)へ紹介させていただきます。
  2. 在宅療養後方支援
     開業医の先生(かかりつけ医)が在宅療養の支援を行われる場合の、急変時対応などを行う「在宅療養後方支援病院」として関わらせていただきます。
  3. 入院・往診相談(レスパイト入院含む)
     開業医の先生(かかりつけ医)から、当院での加療を依頼された際の対応を行います。必要に応じて入院での加療を行い、訪問診療での診察や精査にも対応させていただきます。
  4. 訪問診療
     何らかの事情により、開業医の先生(かかりつけ医)に訪問診療をお願いできない状態の方については、定期的な訪問診療を継続させていただきます。